sales@chemfish.co.jp

新工場 A

発表时间:2021年12月10日    阅覧量:235

auto_3163.jpg

1.   ご紹介

LANZHOU     Aの「 年産1200トン光重合開始剤と中間体プロジェクト」は甘粛省白銀市高新区省級化工工園区で行う。

この工事が敷地面積 53333.3 ㎡で、1.65 億 RMB (26 Million USD)を投資の上で工事されている。先端精密化学品および中間体材料を研究開発、生産、セールスのため、一流現代精密化工企業に向かっている。

 

2.   主な製品

第一段階では、光重合開始剤 400 トン/年(光重合開始剤 369300t/年、光重合開始剤 2959 100t/年)と中間体製品 300 トン/年(臭素化ポリマー8104 200t/年.4,4'-ジヒドロキシジフェニルエーテル 50t/年、(-)-カンファン酸クロリド 50t/年)の生産ラインを設置。

 

3.   技術上の強みやスペシャル反応

フリーデル・クラフツ アルキル化反応、臭素化反応、水素化反応、アミノリシス反応、高温と高圧力反応、ニトロベンゼンの水素化反応、塩素化反応(塩化スルフリル/塩化チオニル/りんトリクロリドオキシド/五塩化リン)

 

4.研究開発グループ

弊社は技術サポートセンター、PilotBatch キャンプがあり、実験室の面積は 500 ㎡である。技術革新や製品の開発を重視し、2021 年に高度人材 3 人を導入、技術人材 35 人、15 項知的財産権を所有している.検査分析センターを設置し、先端実験分析装置 30 台以上を持ち、製品の品質を保証する。

 

5.   協力に必要のは

(1)光重合開始剤製品の販売モード:UV コーティング、UV インクなどの製品メーカーの顧客を探す。

(2)中間製品販売モード:医薬品中間体の顧客を求め、CMO モデルを通じてカスタム受託生産を実現し、戦略的パートナーの研究開発、生産、販売の一体化を実現する。

 

6.   将来の計画

グローバルな事業展開戦略に基づき、光重合開始剤の分野を軸とした製品多様化開発戦略を実施し、新光硬化性材料や医薬中間体の分野を積極的に展開していく。 既存の製品と市場に焦点を当て、ハイエンドの光重合開始剤、電子グレードの化学物質、医薬中間体などの研究開発、生産、販売を徐々に増やし、会社の製品構造を多様化させ、さらに市場シェアを拡大して会社の総合的な競争力を上がり、会社を世界的な光硬化産業に特化した新規企業に築き上げていくと考えている。

auto_3164.jpg

  

Welcome consult: sales@chemfish.com/sales@chemfish.co.jp


 

sales@chemfish.co.jp

Copyright © 2020 CHEMFISH TOKYO 株式会社 All rights reserved.

〒111-0031 東京都台東区千束3−21−12 キートスビル 305