sales@chemfish.co.jp

新工場 B

発表时间:2021年12月10日    阅覧量:199


auto_3165.jpg

1. ご紹介

LANAHOU B。「年産23,000トン医薬農薬等ファインケミカル中間体プロジェクト(p-フェニレンジアミン1年目年産16,000トン)」甘粛省蘭州新区化学工業園で行う。この工事が敷地面積 666.67 ㎡であり、総投資額は2億8000万元(約44 Million USD)とした。硝化にマイクロチャネル連続フローを採用し、連続生産を実現する可能性がある。当社は、染料や医薬・農薬の中間材料の研究開発、生産、販売を方向とし、国内一流の現代化ファインケミカル企業を目指している。

2.主な製品

第一段階は、年間生産量16,000 p-フェニレンジアミン(13,500トンの1,3-フェニレンジアミン、2,000トンの1,2-フェニレンジアミン、500トンの1,4-フェニレンジアミン)のの生産ラインを設置。

3.技術上の強みやスペシャル反応

 硝化、水素化、ジアゾ化およびほかの反応

4.研究開発チーム

弊社は、公共の技術サポートセンター、Pilot Batch生産基地、400m2の実験室があり、当社は技術者20名、先進的な分析機器40台を備え、技術革新と製品開発に力を入れ、国内最先端の分析センターの建設を取り組んでいる。製品の品質管理を包括的に、厳格に、効果的に行い、国際的な一流の基準を満たすように、新しい企業基準とする。

5. コラボ関係

(1)ニトロ化製品の販売モード:エンドユーザーを探し、対応する染料と材料等の供給

(2)中間体製品販売モード:医薬中間体のエンドユーザーを探し、CMOモードを通じて委託合成サービスを提供し、研究開発、生産、販売の総合を実現する。

6.将来の計画

グローバルな事業展開戦略に基づき、ニトロ化・水素化をベースに、製品の多様化戦略を行い、染料、新材料、医薬中間体などの分野に積極的に展開していく。当社は染料中間体、医薬中間体、材料中間体の研究開発、生産、販売を徐々に増やし、会社の製品種類も継続的に多様化させ、市場シェアをさらに拡大し、会社の総合的な競争力を上がり、当社を世界的なニトロ化業界の専門企業に育てていくと考えている。

auto_3166.jpg

 Welcome consult: 

 sales@chemfish.com 

 sales@chemfish.co.jp


 

sales@chemfish.co.jp

Copyright © 2020 CHEMFISH TOKYO 株式会社 All rights reserved.

〒111-0031 東京都台東区千束3−21−12 キートスビル 305